イラストレーターの仕事内容

イラストレーターは、依頼者からの要望に沿ってイラストを描いていくことが主な仕事になります。
一口にイラストといっても書籍やゲーム、宣伝広告といったさまざまなジャンルのイラストを描くので、幅広い分野に視野を広げていくことが大切です。
しかし仕事である以上、自分の描きたいイラストを描けばいいというものではなく、依頼者が求めるものを作り上げなくてはいけません。
そのため、依頼内容によっては何度もやり直しをさせられるケースも多く、技術と共に根気も必要とする職業といえるでしょう。

イラストレーターは、制作会社などの企業と雇用契約を結んで働いている人もいますが、フリーランスとして活躍している人も少なくありません。
フリーランスの場合は、依頼を受けるごとに契約を交わすことが一般的です。
フリーランスであっても実力次第で高収入を得ることも可能で、やりがいを感じられる職業でもあります。
需要の増加と共に、インターネット上で仕事を紹介してくれる専門のサイトなども増えてきています。
これからイラストレーターになろうと考えている人は、まずはこれらのサイトを利用して実績を作っていくといいでしょう。

この業界において最も重要なのは信用です。
依頼者の希望に沿ったイラストを描くことは当然ですが、決められた期限を守ることも忘れてはいけません。
どんなに技術力があったとしても、約束の期限を守れないルーズな人は信用されずに依頼も入ってこなくなるので注意が必要です。
イラストを描くことが好きで、仕事にしたいと思っているなら「イラストレーターになりましょう!」を参考にしてみるといいでしょう。

固定ページ

タグ

カテゴリー

メタ情報